緑の休暇村 青根キャンプ場 11/11-12

キャンプ comments(0) - 齋藤

今年最後のクラブキャンプは、青根キャンプ場


五島F2名、仲瀬F2名、石原F1名、齋藤F2名+ワンでの開催です。

 

 

10月実施予定だった例会が台風の影響台風で中止になったこと。
また、この日予定していた塩原グリーンビレッジ
JAC主催の「ジャパンキャンピングラリー2017」で
サイトが確保できなかったことなどで、

予約フリーの青根キャンプ場に場所を変えて実施しました。

 

出発前夜、予報によると風が強く、竜巻注意報なども出ていて、
天気が心配されましたが、2日とも好天晴れに恵まれ

今年の最後にふさわしい例会となりました。

 

 

予約フリーなので、場所の確保を心配していた幹事ですが、
前日、石原さんから

「近いので8時ごろ行って、場所を確保しときますよ。」

という嬉しい連絡があって、一安心。

 

それにちょっと甘えてしまい、子供たちを学校へ出させて
バタバタ準備をしているとすでに9時。

あわてて出発したものの、渋滞に巻き込こまれ、道を間違え、
なんと一番最後の到着となってしまいました。
みなさま、すみませんごめん

 

 

さっそく、受付をしていると受付の横で、石焼き芋のいい匂いが、
すると、受付のおじさんが
「今日は石焼き芋をふるまってるから、持っていってね!」と、、

嬉しいサービスですね。

焼き芋をもって、みんなの待つサイトへと行きました。

 

 

早速、設営開始!リビングテントをみんなで立ててもらったので、
あっという間に設営終了。

 

ピースと一緒に場内を散策。
場内には綺麗な川や歌碑、テニスコートや温泉などもあり、
1泊ではもったいないような感じです。

 

五島さんは向かいのスペースに来た若者がプラスチックの
ハンマーでペグ打ちしてるのを見るに見かねて、
お手伝いに出動。初心者の男4人組でした。
テント一丁の装備で、この後、大丈夫だろうか心配になりましたが、
まあ、若いから大丈夫でしょう。

 

 

さて、夕食は幹事主催の鍋宴会!!
ところが、大きな鍋とお玉を忘れてきて、
急遽、常備してあった鉄鍋とダッチオープンで代用。
お玉は仲瀬さんから借りました。

今回はシンプルに海鮮鍋。

 


子供たちがいるときは肉が主役なんですがね、、

この日は持ち寄ってもらったお酒類がことのほか充実!

 


五島さんは熱燗の担当?
煮沸で仕上げる熱燗は絶妙です。

 

鍋の〆は朝食にとっておき、
この日は仲瀬さん手作りの柿ジャムとパンという、
組み合わせ!!

鍋の〆にパン!!これが結構いけました。
柿ジャムがとってもおいしく、今度はワインが進みます。

 

 

なんとまだ外も明るい5時ごろから始まった宴会は、
10時半過ぎまで続きました。

 

若者のテントを見ると外に食べたものや空き缶が散乱しており、
ちょっと心配。

 

まあ、それはさておき、夜空がきれいで星がくっきりと見えてます。
翌朝は、鍋のスープでうどんと雑炊を作り、みんなでいただきました。

そして、記念撮影をして撤収。

 

 

なんとなく、来年は4月のゆず、そしてこの青根、
あとふもとっぱらも入れたいね。
そして定番の切付邸。などと話は盛り上がりました。

 

このあと、隣接の「いやしの湯」の様子を見がてらひとっ風呂。

 

そして青根を後にしました。

 

私事ですが、

2010年2月に我が家にやってきたキャンピングカーも
次回の車検(2018/3)で手放すことに!!

 

今回のクラブキャンプが最後の出動になるのかな。

できればスキーにも行きたいな。


7年間ありがとう!!

 

 

 

朝霧高原「ふもとっぱら」 9/2-3

キャンプ comments(0) - 石原
9/2〜3、朝霧高原の「ふもとっぱら」キャンプ場にて、
仲瀬F(2名)、五島F(2名)、石原F(1名)で行いました。
台風15号の影響を心配しましたが、台風
雨もあがり当初は風が強かったものの
午後には収まって絶好のキャンプ日和でした。
幹事として参加メンバーの平素の良い行いに感謝ですありがとう
キャンプ場は、
牧場を思わせるような見渡す限り草原のフリーサイトです。
正面は富士山の裾野がひろがり、
背面には毛無山がそそりたつ景色が素晴らしいところでした。
 
↑写真はふもとっぱらblogより
 
先に到着した五島さんが、
良い場所を確保してくださったことも良かったと思います。
10:40 仲瀬さんが到着されて全員集合です。
メイン会場は、仲瀬さんのテントと決まり、
手分けして設営を済ませ早速ミーティング開始です。
 

 
曇が多いものの、心地好い風と陽射しを満喫しながら
談笑を楽しんでいるうちに夕方になり、
日没直前に、五島婦人の「赤富士ですよ富士山」の声で、
全員テントを飛び出し数分間でしたが絶景に見とれてしまいました。
 

周囲を見回すと数百家族が同様の状況でした。
私は、初体験なので感動です「だからキャンプは、素晴らしい」。
その後、各自持ち寄ったツマミとアルコールで気分最高楽しいアゲアゲ
キャンプファイアを囲み談笑しているうちに
時間も0時となりお開きに成りました。
翌朝は、天候が更に良く
半袖がちょうどよい陽射しの気持ち良い日に成りました。
素晴らしい景色、美味しい空気、善き友人に感謝しながら、
モーニングコーヒーを美味しく頂き撤収、
10月定例会での再開を約束して解散となりました。
 

 

姫木平切付邸 7/16-18

キャンプ comments(0) - 五島

今回は、いつもに増して「目玉」目玉が沢山の姫木平だった。

 

1.スムージーマシン(切付Fの新兵器)
2.仲瀬さんの手作りローストビーフと強壮・強烈薬膳酒
3.動物フィギュアのディスプレイ制作ワークショップ(五島Fの在庫処分?)
4. そして、サブライズゲストの手料理
など、など。

 

参加は仲瀬F(2)、長井F(2) 、切付F(2) 、五島F(2) の4家族。

 

7/16(日)は、前日に長野県白馬村で遊んだあと
車中泊した「道の駅中条」から姫木平に向かった。

参加Fが揃ったので、近くの食事処に出かけ、セットメニューで昼食。

食べ終わった頃に、サプライズゲストとしてお誘いした
白戸F(白戸さん夫妻と紫苑ちゃん夫妻)がようやく到着クラッカー
久しぶりの再会なのに、すぐに時間が戻るのは、やはり昔の仲間。
いろいろお話しして、買い出しにもお付き合いいただき、
楽しいひと時を過ごした。

病み上がりの白戸さんは、週明けから仕事再開なので、
残念ながら本日は日帰りとのことで、夕方お別れしたバイバイ

 

白戸さんからいただいた、山菜を使った沢山の手料理は、どれも美味しく、
そして優しい味だった。夜の宴会が盛り上がったのは、言うまでもない。
因みに、美味しい料理と仲瀬さんの強壮・強烈薬膳酒のお陰で、
早々に記憶を失った小生は、宴会の「もう一品」となっていた、らしい…。

さて、スムージーマシンである。新兵器である。
誰が何と言っても新品である!…何故なら、パッケージを開けた形跡が無い(笑)。

 


こういう時に頼りになるのが、仲瀬さん。
開封して、組み立てて、取説読んで、理解して、実際に使ってみる。
小生などは、想像しただけで気が遠くなり、テンションがダウンしてしまうのだが。
仲瀬さんは、左記のプロセスを楽しそうにこなして行くのである。

お陰でこの二日間は、参加者全員が美味しいスムージーと、
ヘルシーなジュースにありつけた。感謝

 


7/17(月)、清々しい高原の朝。どうやら今回の例会も天候に恵まれたようだ。
朝食のあと、五島Fが準備したワークショップ、
動物フィギュアのディスプレイ制作を開催。

 

 

昔ハマったチョコエッグのフィギュアを
100円ショップのケースや素材などで飾ってみる、というもの。
みなさんにお好みの動物を選んでもらい、組み立てて、ケースの中に固定。
流木や石、植物などの素材でオリジナリティを演出。

 

 

完成品は、どれも初めてとは思えない出来栄えだ。

小生の手元では、陽の目を見られなかった動物たちは、
GSCの人たちによって、生命を吹き込まれた。実に目出度い!

 

 

みなさん根を詰めたので、次は昼食を兼ねて温泉に出掛ける。
行き先は定番の一つ、「石遊の湯」だ。少し熱めのお湯が心地よい。
手足を伸ばしてお湯に浸かると、日本人に生まれた幸運を思わざるを得ない。
しかし、あがってから汗が止まらず難儀した。

 

お次は隣の蕎麦屋で昼食。これまた定番。
小川に面したテラス席で蕎麦を手繰り、腹ごしらえが完了。

長井さんとはここでお別れとなったばいばい
帰りがけに立ち寄った、茅野にある「たてしな自由農園」で、
仲瀬さんが1kgの格安苺を発見。スムージー用に即ゲットした。

一旦ログハウスに戻ったあと、大門街道沿いのブルーベリー狩りに出掛ける。
何と料金はタダ!しかも持ち帰りも100g100円という安さに、
皆々嬉々として食べ、沢山摘み取って、よいお土産になった。

この日の夕食は、仲瀬さん提供の美味しいワインが食卓を飾り、
心地よく酔いがまわって、就寝と相成った。

 


7/18(火)、明け方少し寒さを感じて起床。
朝食と昨日ゲットの苺を使ったスムージーを美味しくいただいた。

今例会はこの辺でお開きとなった。
切付さんをはじめ、参加Fのみなさんに感謝しつつ、暑い下界へと家路についた。

 

 

-お詫び-
記念撮影のタイミングミスにより、
白戸Fの写真を撮り損ないました。
大変申し訳ありません。すみません

これに懲りず、またのご参加をお願いします。

 

無料ブログ作成サービス JUGEM