「緑の休暇村」青根キャンプ場 5/20-21

キャンプ comments(0) - 長井

5月例会幹事の長井です。

 

今回は神奈川県道志川沿いの青根キャンプ場にて例会を行いました。

参加Fは仲瀬F、五島F、切付F、長井Fの4家族です。

参加予定の石原さんが急遽、息子さんの体調の問題で

やむなく欠席されたのは残念でした。

 

ここは一部を除き、基本的に到着順のフリーサイト、

情報によると朝8時前から列が出来るとの事。

そこで金曜夜から出発された五島さんにまず入場してもらった。

我家は8時半ごろ到着、すでに多くのキャンパーが設営準備をしている

活気溢れた人気キャンプ場の様だ。

 

眩しいほどの新緑です

 

仲瀬さんも9時頃到着され、皆でお昼近くまでのんびりとすごせた。

実際の1泊キャンプはなかなか忙しくてあっという間に過ぎてしまうが、

朝からのチェックインのおかげで今回は行動に余裕ができ、新鮮だった。

これには都心からわずか1時間という近さがもたらすものも大きいかも。

 

徒歩圏内に天然温泉「いやしの湯」が併設されているのもうれしいし楽だ。

当日のお昼をここで皆で済ませたが、こういったパターンもグッドでした。

5時過ぎには切付さんも到着され全員揃って、

晩ごはんとミーティングの同時進行を早目の時間からスタートする。

 

実は先日TV番組で生姜農家の取材番組を見ていて、

農家さんおすすめの食べ方を聞いていた、

 

生生姜に豚肉を巻き付け、

炭火で焼く“生姜バーベキュー”が一番との事を知り、

今回挑戦してみた次第。

また前日市内で伐採した真竹で竹カップと竹トレイを作り持参、

竹カップを炭火にかざしてお燗し、生姜バーベキューを竹トレイに載せ

皆さんにお出ししてみたが、これ何と皆さんに絶賛してもらう。

 

いつもメンバーの方に美味しい料理いただいてばかりいたので、

少しばかり恩返しが出来て大変うれしかった。

 

倶楽部旗を誇らしげに飾ります

 

キャンプ場の印象は、クラブメンバーどこからも比較的近い事、

おだやかな自然が溢れている事、到着順のフリーサイトで自由な事、

徒歩圏内に温泉施設が有り、設備が必要十分な事、

管理している方々が温厚である事などを感じた。

 

参加メンバーからもベースキャンプ場にしてもいいのではとの意見も出ました。

場内面積も大きくキャンパー数も非常に多かったが、

目立つのは若い家族連れの多さと、

スタイリッシュなサイト作りのうまさが光っていて、

今のキャンプブームの盛り上がりを十分感じた、

 

でもそんな中でグッドサムのベテランキャンパー連も、

貴重な存在感があったのではと確信もした。

5月を飛び越えた真夏の暑さでしたが、全員で元気で楽しい例会になりました。

 

暑さは伴いましたが、好天にめぐまれました

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM