姫木平切付邸 7/16-18

キャンプ comments(0) - 五島

今回は、いつもに増して「目玉」目玉が沢山の姫木平だった。

 

1.スムージーマシン(切付Fの新兵器)
2.仲瀬さんの手作りローストビーフと強壮・強烈薬膳酒
3.動物フィギュアのディスプレイ制作ワークショップ(五島Fの在庫処分?)
4. そして、サブライズゲストの手料理
など、など。

 

参加は仲瀬F(2)、長井F(2) 、切付F(2) 、五島F(2) の4家族。

 

7/16(日)は、前日に長野県白馬村で遊んだあと
車中泊した「道の駅中条」から姫木平に向かった。

参加Fが揃ったので、近くの食事処に出かけ、セットメニューで昼食。

食べ終わった頃に、サプライズゲストとしてお誘いした
白戸F(白戸さん夫妻と紫苑ちゃん夫妻)がようやく到着クラッカー
久しぶりの再会なのに、すぐに時間が戻るのは、やはり昔の仲間。
いろいろお話しして、買い出しにもお付き合いいただき、
楽しいひと時を過ごした。

病み上がりの白戸さんは、週明けから仕事再開なので、
残念ながら本日は日帰りとのことで、夕方お別れしたバイバイ

 

白戸さんからいただいた、山菜を使った沢山の手料理は、どれも美味しく、
そして優しい味だった。夜の宴会が盛り上がったのは、言うまでもない。
因みに、美味しい料理と仲瀬さんの強壮・強烈薬膳酒のお陰で、
早々に記憶を失った小生は、宴会の「もう一品」となっていた、らしい…。

さて、スムージーマシンである。新兵器である。
誰が何と言っても新品である!…何故なら、パッケージを開けた形跡が無い(笑)。

 


こういう時に頼りになるのが、仲瀬さん。
開封して、組み立てて、取説読んで、理解して、実際に使ってみる。
小生などは、想像しただけで気が遠くなり、テンションがダウンしてしまうのだが。
仲瀬さんは、左記のプロセスを楽しそうにこなして行くのである。

お陰でこの二日間は、参加者全員が美味しいスムージーと、
ヘルシーなジュースにありつけた。感謝

 


7/17(月)、清々しい高原の朝。どうやら今回の例会も天候に恵まれたようだ。
朝食のあと、五島Fが準備したワークショップ、
動物フィギュアのディスプレイ制作を開催。

 

 

昔ハマったチョコエッグのフィギュアを
100円ショップのケースや素材などで飾ってみる、というもの。
みなさんにお好みの動物を選んでもらい、組み立てて、ケースの中に固定。
流木や石、植物などの素材でオリジナリティを演出。

 

 

完成品は、どれも初めてとは思えない出来栄えだ。

小生の手元では、陽の目を見られなかった動物たちは、
GSCの人たちによって、生命を吹き込まれた。実に目出度い!

 

 

みなさん根を詰めたので、次は昼食を兼ねて温泉に出掛ける。
行き先は定番の一つ、「石遊の湯」だ。少し熱めのお湯が心地よい。
手足を伸ばしてお湯に浸かると、日本人に生まれた幸運を思わざるを得ない。
しかし、あがってから汗が止まらず難儀した。

 

お次は隣の蕎麦屋で昼食。これまた定番。
小川に面したテラス席で蕎麦を手繰り、腹ごしらえが完了。

長井さんとはここでお別れとなったばいばい
帰りがけに立ち寄った、茅野にある「たてしな自由農園」で、
仲瀬さんが1kgの格安苺を発見。スムージー用に即ゲットした。

一旦ログハウスに戻ったあと、大門街道沿いのブルーベリー狩りに出掛ける。
何と料金はタダ!しかも持ち帰りも100g100円という安さに、
皆々嬉々として食べ、沢山摘み取って、よいお土産になった。

この日の夕食は、仲瀬さん提供の美味しいワインが食卓を飾り、
心地よく酔いがまわって、就寝と相成った。

 


7/18(火)、明け方少し寒さを感じて起床。
朝食と昨日ゲットの苺を使ったスムージーを美味しくいただいた。

今例会はこの辺でお開きとなった。
切付さんをはじめ、参加Fのみなさんに感謝しつつ、暑い下界へと家路についた。

 

 

-お詫び-
記念撮影のタイミングミスにより、
白戸Fの写真を撮り損ないました。
大変申し訳ありません。すみません

これに懲りず、またのご参加をお願いします。

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM