朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 11/16-17

- comments(0) - 五島

参加:切付F(2)、石原F(1)、五島F(2)、大久保さん、後藤さん(ゲスト)
場所:朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
 

 



朝、雲ひとつない晴天となり、おかげで富士山は左右の裾野が末端まで見渡せる
見事な姿です。
7:50頃キャンプ場に到着。いつもと異なり「受付けは場内で」とのことで
入口ゲートで20分ほど待たされた後、番号札をもらって場内の管理棟へ。
一番乗りと思ったら既に沢山の人。
一酸化炭素事故の注意を含んだ受付けの後、やっとお目当てのサイトに到着です。






 
サイトは昨年と同じ場所になりました。連結したまま設営でき、炊事場、
トイレにも近く、
何より目の前に富士山が見える贅沢な場所です。
設営と朝食が済んだ頃、周りに目をやると沢山のキャンパーが思い思いの
スタイルで幕営していました。
10時を過ぎ参加メンバーの状況が気になって来たので、
まずは石原さんに電話。
「朝9時に出発したけど大渋滞に遇っていてまだまだかかりそう」とのこと。
続いて切付さんに電話。奥様が出て
「高速道路で富士吉田…と書いてあるところ。富士山がとても綺麗!」
とのことで、
こちらはあと一時間ほどで到着でしょうか?





 
では今のうちに、と燻製作りを始めました。
「○○のひとつ覚え」と言われそうですが、いつものチーちくです。
電気が無いのでガスコンロを熱源に燻します。
今回、カセットコンロで大きな鍋やフライパンを使うときの自作グッズを
持参しました。
材料は珪藻土コースターと針金(どちらも100円ショップ)です。
これでボンベをカバーし加熱によるボンベ爆発を防ぐ…という目論見です
(スペースシャトルの機体を覆うセラミックタイルを思い出してひらめきました)。
過信は禁物ですが、そこそこ加熱を防げているもようです。
そろそろと思った頃に切付さんから電話があり、迷っている由。
かく言う小生も以前迷いました。何故か?と考えるに、ナビへ入力しても素直に
ヒットしないこと。
そして、ここの名前です。ホームページには
「朝霧高原ジャンボリーオートキャンプ場」となっているのに、
途中の道路や入り口などの看板には「ビーナスガーデンゴルフ場」
としか書かれておらず、
この辺に原因があるように思います。
このあと何回か電話をやり取りしたあと切付さんが
やっと到着です(お疲れ様でした)




 
さて、今回ゲスト参加予定の元同僚大久保さん・後藤さん組の状況が心配です。
お昼頃のLINE は「超渋滞でかなり遅くなりそうです…」
という「とにかくつらい…」事しか伝わらない
何とも分析のしようのない情報でした(笑)
そうこうしているうちに石原さんが到着。R246を来たそうですがやはり
大渋滞だったとのこと。
石原さんはキャンピングカーで出かけるのは久しぶりだそうで、
先日タイヤが変形してしまい、怖い思いをしたとか。
かく言う小生も過去にトレーラーのタイヤをバーストさせたことがあり、
あの時の恐怖は忘れられず、自分のいたらなさを思うと顔から火が出そうです。


切付さんご夫妻は孫の里和ちゃんと共に日帰りで参加してくれました。
車の横に張るカーサイドテントは、もうお馴染みのスタイル。
車の屋根にテントを固定する吸盤はオリジナルのそれが使い辛いのでと
別途購入したものとのことですが、
その強力な吸着力は嵐にも耐えられそうです。
設営を終えた切付さんの車からは沢山の道具類が出てきます。
テーブルや椅子の他、バーベキューコンロやコールマンのツーバーナー
などもあります。
そして例のコンパクトなピザ窯も。今年の夏はこれで焼いた美味しいピザを
沢山いただきました。
このあと、お手製のローストビーフとピザのご相伴に預かり、
お陰様で富士山を観ながらの贅沢なひとときとなりました。
大久保・後藤組は陽が西に傾いた頃にやっと到着しました。
大久保さんは今年乗り換えた新車のタウンエースで登場です。
その長ぁーい室内は自分と仲間の自転車を搭載するためコンパネが設えてあり、
キャンプやサイクリングに対応できるよう自ら改造した由。
今夜の車中泊は寒そうだけど、
若者?(私よりは若い!)だからきっと大丈夫でしょう。
夕闇がせまる頃、切付さんはお帰りになりました。
予想はしたものの陽が暮れると途端に寒くなりました。
我が家テントで恒例の持ちより宴会をしました。
石原さんが作ってくれたもつ鍋、我が家のポトフ風鍋やチーちくの燻製
などなどで酒を呑みました。
大久保さんたちの差し入れ「キャベツワイン」なる物も登場し、
楽しい宴会になりました。
お腹がいっぱいになったので、次は焚き火タイムです。
今夜は石原さんと大久保さん2台の焚き火です。
大久保さん持参の薪で豪華なキャンプファイヤーでした。




 
翌朝も天気は上々。モーニングコーヒーを若者?二人と飲みながら昨夜の話を。
結構寒かったので心配しましたが何とか眠れた由。よかった、よかった。
朝食のあと今日の行動プランを考えながら洗い物と一次撤収を進めます。
おっと、忘れちゃいけない。バナジウム天然水をお土産にいただかなくっちゃ!
ポリタンク2個も汲みました。
最後に撮った記念写真は、何故か魚眼モードで写っていました
(昨夜オペミスした模様です。みなさんゴメンナサイ)

石原さんと若者組は帰りの渋滞を考慮して早めに撤収されました
(これ、正解でした…)。
我が家はヘッドで富士宮市の公営浴場に行き、
近所のドライブインで昼食を済ませて戻りました。
再び連結しキャンプ場を出て一旦高速にのりましたが、
渋滞を避けるため大月ICで一般道へ。途中に見える中央道には、
大渋滞の車列が確認できました。結局帰宅したのは21時ころでした。
 
皆さま、今年一年有難うございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。


 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM